マイクラ

【ついに発見】キノコ島を見つけるまでの7時間

前回までのあらすじ】片道3時間かけて念願の洋館に到着。ところが隠し部屋を見つけることができなかったためスッカスカになるまで破壊する。

片道3時間の洋館探しによって私は長距離移動の感覚がバグってしまいました。

となると、やることはもう決まっています。

キノコ島を見つけたい

キノコ島とは
マイクラにおいてもっともレア(と言われている)。体からキノコが生えた牛・ムーシュルームや特別な土ブロック・菌糸はここでしか手に入らない。

海底神殿洋館のように地図もないため、外部ツールを使わない限りは広い世界をあてもなく探すしか見つける方法がありません。

ちなみに、マイクラの世界(ワールド)の広さは地球8個分とのこと。

ヤナマリ

あてもなく探す範囲としてはあまりにも広すぎない?

しかし、だからこそもし見つけることができたらサーバー内で英雄になれるのではないだろうか。私は英雄になりたい。

今回は、あてもなくキノコ島を探した執念の7時間を紹介いたします。

【ついに発見】キノコ島を見つけるまでの7時間

座標について(XYZ軸)

まずは座標について説明させてください。なぜなら、私がどれほどの距離を移動したのかを知ってほしいからです。

↓左上に表示されている3つの数値が座標(左から、X軸・Y軸・Z軸)。

このときの座標は「275(X軸), 64(Y軸), 17(Z軸)」で、進む方向によって数値が増減していくという要領です。

X軸:東西を示す数値
東(+) 西(-)

Y軸:高さを示す数値
高(+) 低(-)

Z軸:南北を示す数値
南(+) 北(-)

私が伝えたいのはここから。座標の変化を見てください。

【拠点(自宅周辺)の座標】
 275, 64, 17

【洋館の座標】
 -9744, 84, -18698

【キノコ島の座標】
 58689, 78, -56668

拠点からキノコ島までは東に58000ほど、北に56000ほど移動しています。

ヤナマリ

10000進むのに1~1.5時間くらい

30分間ダッシュすれば10000くらい進めるらしいですが、実際は高低差のある地形が多いのでダッシュできるチャンスはごくわずか。

また、地形問題以外にも寝たり食べたりしていると時間を取られます。そのためキノコ島までは7時間以上もかかってしまいました。

ヤナマリ

7時間あれば日本からハワイに行けるそうです(調べた)

ここで想像していただきたいのは、日本からハワイまでの7時間と拠点からキノコ島までの7時間は同じ7時間でも不安度が違うということ。なぜならこっちは地球8個分の広さの世界をあてもなく探しているわけですから。

自分が進んでいる方向にキノコ島がある保証なんてどこにもありません。

このまま進んだところでキノコ島があるとは限らない、そう思いながら過ごした7時間は不安と孤独とそしてなにより猛烈な「飽き」との戦いでした。

進む方向について

さて、あてもなく探すといってもせめて進む方向くらいはざっくり決めておかないと道に迷って同じ場所をウロウロしてしまうだけになってしまう可能性もあります。

そのときふと、いままで海底神殿の奥に行ったことがないということに気がつきました。

ここ「3677, 64, -749」から東北の方向(海底神殿の奥)にはだれも行ったことがない。

ということで、座標のX軸はプラス(東)にZ軸はマイナス(北)になるようにひたすら進んでみることにしました。

現在の海底神殿はシンさんがシーランタンの素材を自動で回収する装置をつくってくれたので、こんな感じになっています。

この奥に向かってひたすら進むぞ~!!!

東北の方向へ7時間

■座標「8660, 70, -2124」

東北へ30分ほど進むと、雪深い場所に出ました。シロクマがいます。かわいいね。

あたりを見渡すとかまくらなどがある雪国の村が見えたので、立ち寄ってみることに。

■座標「8722, 63, -2453」

ところが家に入ると、村人が明らかに「お取込み中」でした。すみません。

気を取り直してほかの家に入ろうとしたら、

玄関の下が渓谷という斬新なデザイン。どういう神経をしているのでしょうか。死ぬよ?

■座標「9475, 62, -3384」

さらに進むと襲撃者の基地を発見。襲撃者の旗を集めているので本来なら奪いに行きたいところですが、ひとり旅なので無理は禁物。

■座標「10710, 62, -5829」

ついにX軸が10000を越えました。海は障害物がなく進みやすいため助かります。

■座標「15495, 83, -12007」

Z軸も10000を超えました。森は木が多くてダッシュにしくいため時間を取られがち。

海を渡るとなぜか着陸時にボートが消えてしまうため(長く使うと消耗しちゃうのかな?)、森などを通るときはボートの素材となる木材も集めながら進みます。

■座標「17496, 62, -14103」

そしてまた海に。それにしてもいい天気だ。

■座標「17734, 84, -14588」

今度は砂利ばかりの場所に出ました。さすがに「砂利か~」という感想しか出ません。

■座標「20683, 64, -16510」

X軸が20000を超えます。ちなみに夜は敵が湧く前に寝ていたため、1回も敵に遭遇することなくキノコ島までたどり着きました。この方法だとどこまでも遠くに行けます。

■座標「24503, 72, -19906」

ポドゾルという土が広がる場所に出ました。もうここがキノコ島ってことで帰りたいです。このとき拠点を出発してから2時間ほど。

■座標「26228, 62, -21249」

再び海に。私はどうしてこんなことをしているんだ、という不安に駆られ始めます。しかもうっかり海底神殿の近くを通ってしまったために呪いもかけられました。

ヤナマリ

出発地点の海底神殿とは別の海底神殿です!※何個もある

■座標「32803, 65, -27912」

ここで、そこそこレアと言われているジャングルに出ました。とはいえジャングルは過去に行ったことがあるためそのまま進みます。

ヤナマリ

は~い、パンダね(雑)

【潜入】突如ジャングルの奥地に現れた寺院の謎に迫る!? 【前回までのあらすじ】ラスボス戦への入り口・エンドポータルが拠点から5分の村で見つかりひと安心。しかしまだまだ未開拓の場所は多い。 ...

ここまで拠点を出発してから3時間以上も費やしていました。座標もX軸が30000を超えているので、もう行けるところまで行きたい。そんなときに悲劇は起こりました。

自宅のWi-Fiが切れる

っていうね。そのためサーバーとの接続も切れてしまいました。スマホを見ると同じようにWi-Fiが切れていたので完全に自宅回線の問題です。※その後30秒ほどでWi-Fiは復活

ちなみに拠点を出発してから1回もセーブはしていません。となると、最後にセーブした拠点に戻されている可能性が高い。

しかしながらこのとき私は、いささか複雑な感情に陥っていました。

「3時間以上も費やした記録が消えていたら悲しい」という気持ちの反面、「もうそろそろやめたい」という気持ちもまた本心で。

だってキノコ島があるとは限らない。そんな気持ちで再び起動してみました。すると、

■座標「34435, 64, -31537」

オートセーブされている!

ヤナマリ

さ、されてたか~!(複雑)

もうこうなったらとことん探すしかありません。ここで私はようやく腹をくくりました。キノコ島を見つけるまで進もう。

■座標「41787, 65, -37644」

X軸が40000を超えました。このあたりから、地形を見れば最短ルートを想定できるスキルが身につきます。

■座標「46198, 93, -40771」

「この地形は木の上を進んだほうがいい」とか「この地形はあえて迂回するほうが簡単」など、迷いがなくなった分ちょっとだけ速く進めるようになりました。

■座標「46306, 69, -40817」

そろそろ食料がなくなってきたので、村を見つけたらチェストの中を覗いて食べられるものがあれば盗んじゃいましょう。

■座標「50689, 71, -49134」

X軸が50000を超えたあたりで村がありました。村人が、乗っちゃいけないであろう場所に乗っていたため思わずスクショをパチリ。

(このスクショがのちに活用されることは、このとき私はまだ知らない)

チェストを覗くとパンがたくさん入っていたので、すべていただきました。ラッキ~♪

■座標「58507, 62, -56386」

ま~た海です。もうこの風景はさすがに見飽きました。とはいえ、キノコ島は「島」というだけあって海に面しているはず。

そのため海に出るたびに「急にキノコ島が現れるのでは」なんていう期待をしt…

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?

えっ!?!?!?

えっ!?!?!?

完全にキノコ島!

拠点を出発してから合計7時間。ついにキノコ島を発見しました。本当にあるなんて。

■座標「58686, 78, -56668」

牛が想像の100億倍かわいいのだが!!?

新たな問題が発生

しかしここからが大仕事。私ひとりでキノコ島にたどり着いたとて、なんですよ。

牛と土をまた7時間かけて拠点に運ぶことはあまりにも無謀。特に牛はトロッコに乗せて運ぶ必要があるため60000近い距離にレールを敷くことは現実的ではありません。

となると、キノコ島にネザーゲートというワープをつくって移動するのがベスト。しかし、ここで大きな問題に直面します。

まず、ネザーゲートをつくるために必要な黒曜石をひとつも持っていないということ。

黒曜石は溶岩に水をかけることで生成できるのですが、ダイヤのツルハシで掘らないと取ることができません。もちろん私がダイヤのツルハシを持っているわけがなく。

ヤナマリ

本当になにも持ってない!!!

遠征先でダイヤモンドを見つけることは(私にとって)難易度が高く、そもそも溶岩もこのあたりで見ていません。

ここからまたダイヤモンド探しと溶岩探しをするのは正直しんどい。ここで詰むとは。

…いや、待って!!

そういえば途中でパンを盗んだ村のチェストに黒曜石も入ってた気がする(たぶん)。

スクショのおかげで座標がわかるため、ダイヤモンドと溶岩を探し回るよりは確実です。

8000くらい戻れば黒曜石を回収できる!!

ヤナマリ

パン盗んでおいてよかった~!

こうして私は7時間かけてキノコ島にたどり着いたあと、さらに1時間かけて通り過ぎた村まで戻って黒曜石を回収し、また1時間かけてキノコ島まで戻ってきました。ここまで合計9時間。完全に距離感覚がバグっています。

まぁ、せっかく黒曜石を回収したのに設計ミスしちゃうんですけどね。それは次回に。

ABOUT ME
ヤナマリ(柳本マリエ)
柳本マリエを略してヤナマリと呼ばれています。KADOKAWAより著書『デブからの脱却』発売中。メインブログは「ヤナマリチャンネル
柳本マリエの別ブログ
ヤナマリチャンネル
デブからの脱却