マイクラ

【潜入】突如ジャングルの奥地に現れた寺院の謎に迫る!?

前回までのあらすじ】ラスボス戦への入り口・エンドポータルが拠点から5分の村で見つかりひと安心。しかしまだまだ未開拓の場所は多い。

小学生のときの自由研究を覚えているでしょうか?私は数年にわたってコケの研究をしたことを覚えています。

残念ながらそこで得た知識はすっかり忘れているのですが、私は昔からコケやコケの周りに生えている植物が好き。

ヤナマリ

マイクラでも1番最初に大量生産したのが「コケの生えたレンガ」でした!

ある日なにかを調べているときにマイクラで「シダ」があることを知ります。シダといえばコケとの相性がバツグンな植物ではないか。ぜひとも手に入れておきたい。

(ほかにも手に入れたい理由があるのですが、それはこの記事の最後に書きます!)

さらに調べてみると、シダはジャングルなどに生えているとの情報を入手。ジャングルは海底神殿を探す途中で通ったため、場所(座標)はわかります。

つまり、シダを取りに行けばジャングルも探索できて一石二鳥。そして私はもうひとりシダが好きそうな人物を知っていた。

ヤナマリ

そういえばシダって持ってる?(ふふふ、マイクラにはシダがあるのだよ!きっと驚くぞ~!)

退屈健

シダあるよ!

ヤナマリ

(!!!!!!!!!)

今回は、すでにシダを持っている退屈健くんとジャングルに行ってきた様子を紹介いたします(お互いジャングル探索は初めて)。

【潜入】突如ジャングルの奥地に現れた寺院の謎に迫る!?

バイオームとは

マイクラには「バイオーム」というさまざまな特徴を持つフィールドが存在します。今回のジャングルもそのひとつ。

ほかのバイオームはこんな感じ。

  • 砂漠
  • 山岳
  • 平原
  • 湿地
  • 氷山
  • ネザー
  • サバンナ
  • キノコ島
  • あたたかい海 などなど

察しのよい人はお気づきでしょう。この中で私が圧倒的に行きたいバイオームはキノコ島。しかしながらとてもレアらしく、「いつか行けたらいいな」と思っています。

ヤナマリ

キノコ島にしか生息していない牛のビジュアルがすごく気持ち悪くて最高なんですよ~!

バイオームごとに生息している動物や植物が異なるため、入手できる素材も変わってきます。素材が違うと作成できるアイテムの見た目(装飾や色など)も変わるため、できる限りいろんな素材が欲しいところ。

例えば、白樺の木と松の木で同じ「ドア」をつくっても木の種類が違うため見た目も違ってきます。奥が深いね。

洋風建築なのか和風建築なのか、自分が建築したいものによって使用する素材を選んでいく感じです。ゆえに、未開拓の場所があれば探索をして素材を集めたくなるという心理。

入手したいもの

ジャングルで入手したいのは下記。

  • シダ
  • パンダ
  • オウム
  • ジャングルの木

パンダがいたら連れて帰って客寄せパンダにしたいな~と。オウムも餌付けをすると肩に乗ったりしてくれるので、見つけたら手懐けておきたい。とはいえどれも見つけたらラッキーくらいの心持ちで挑みます。

ジャングルに潜入

ジャングルの場所はわかっていたため特に迷うことなく到着することができました。

そして早々にオウムを見つけます。

種で餌付けをしたら肩に乗ってくれました。

ヤナマリ

かわいい!

なんと、健くんは同時に2羽も手懐けていました。両肩に乗ってるのいいね!

オウムたちと遊んでいたら、いきなりツタに覆われた寺院が現れます。なんだここは。

こんな寺院があるなんて知りませんでした。恐る恐る近づいてみます。

なにが起こるのかまったくわからないため、本当に忍び足になりました。

え、これ地下もあるの?ここで敵に襲われたらうまく立ち回れる自信がありません。

ヤナマリ

どこで襲われてもうまく立ち回れた試しがないんだけどもね!

さっきまでオウムとはしゃいでいたのに「死ぬかもしれない」という恐怖に襲われます。

奥に進むと、

怪しいレバーを発見!

退屈健

なんだこれ!

しかもよく見ると足元には、映画にありそうな糸を使ったトラップまで。

インディ・ジョーンズじゃん!

いつうしろから大きな石が転がってきてもおかしくない。健くんがさっきの怪しいレバーを引くと「カチッ」と音がしたとのことで、なにかが作動しているはず?

しかし、なにも起こりません。どゆこと!?

退屈健

こっわ!

ヤナマリ

こっわ!

なにも起こらないのが逆に怖い。そこで私たちが選んだ行動は、

寺院をすべて破壊する

片っぱしから壊していったところ、やはり壁の奥に仕掛けがありました。おそらく通路を通ると矢が出てくるのではないかと。

こういった場所にはお宝のひとつくらいあってもよいのですが、それも見当たらず。結果的にただ寺院を破壊しただけとなりました。

ヤナマリ

怖かったね~、あっ!あそこにパンダがいるよ!

ジャングルの動物たち

寺院を出るとすぐにパンダを見つけました。餌付けしたら連れて帰れるかな???

事前に「パンダは竹を食べる」という情報まで調べていたのですが、竹は現地調達すればいいと思っていたため持ってきていませんでした。私はてっきりパンダって竹林にいるのかと思っていたので大誤算です。

ということで近場を探してみることに。

しなしながら、竹を集めているうちにパンダがいた場所を見失ってしまいました。

ヤナマリ

ま、いっか~

パンダへの興味がそこまで強くない私たちの切り替えの早さたるや。しかし、さらに新たな動物が目の前に現れます。

ヤナマリ

見てヤマネコ!連れて帰りたい!

すかさず健くんがリードでヤマネコを捕まえます。やったーーー!!!

(ちなみに私は、木を切るためのオノも動物を連れて帰るリードも持ってくるのを忘れるというポンコツっぷり)

ヤナマリ

いろんな動物に囲まれて急にディズニーの主人公みたいだよ~

しかしヤマネコは途中で溺死してしまったり(1匹目)、リードが切れて逃げてしまったり(2匹目)で、連れて帰ることはできませんでした。※溺死の原因は私が池に落ちたため

でも序盤で手懐けたオウムがいるから!

このオウムだけでも拠点に連れて帰ろう。それでいいじゃないか。大きな収穫だ。

謎の寺院・見知らぬ動物・ジャングルでしか手に入らない素材に高揚していた私たち。だからまさか、あんな悲劇が起こるなんて思ってもいませんでした。

ヤナマリ

たのしかったね、帰ろう!

帰り道は「オウムの名前をどうするか」などの話をしていました。連れて帰った動物は名前をつけないと消えちゃうんでs…

オウムは火によって力尽きた
オウムは火によって力尽きた

退屈健

!?!?!?!?!?

シン

え!?

ログインしていたシンさんも困惑。

拠点に戻っている途中で、(おそらく)マグマの近くを通ったために健くんのオウムが2羽とも亡くなってしまいました。

ヤナマリ

そ、そんなぁ!!!!!

私は目の前で火の粉が舞うのを見ました。あれがオウムだったなんて。健くんが先導してくれていたため私のオウムは無事です。

あんなにたくさんの動物と出会ったのに、連れて帰ってくることができたのはこのオウム1羽のみ。なんてシビアなんだ。

こうしてハプニングだらけのジャングル探索は幕を閉じます。いろんなことが起こりすぎて、シダのことをすっかり忘れていたことに気づくのはここから数日後。

ヤナマリ

というかジャングルにシダ生えてたかな?(見てない気がする)

そのためシダは健くんの倉庫から少し拝借→骨粉製造機の骨粉を使用して量産しました。

葉っぱの裏ビジネス

骨粉製造機の骨粉で量産したシダ↑を、現在は「いい気分になれる葉っぱ」として3エメラルドで販売しています。合法だよ。

葉っぱってほら、緑で癒されるじゃないですか。そういう意味での「いい気分」ですよ。

ヤナマリ

室内で栽培もしています!

基本的に拠点での施設は「ご自由にどうぞ」なのに、しっかり販売していくスタイル。

じつは拠点内ビジネスはこれが初めてではありません。「命の水」という聖水も取り扱っておりまして、次回は新たに設立したヤナマリ教について紹介いたします。